0 基礎

モバイルファーストインデックスとは?影響と対策【2018年】

モバイルファーストインデックス

突然Googleサーチコンソールできたモバイルファーストインデックスの通知に困惑している人も多いと思います。今回はこの通知について解説していきます。

 

フィボ
ぼくは何かいけないことをしたのでしょうか?

 

結論から言うと

今後GoogleはPCサイトではなくモバイルサイトを主軸に評価していきますというのが通知内容、モバイル対応していないサイトや表示速度が遅いサイトは検索順位が落ちる可能性がある。

 

ちなみにGoogleサーチコンソールやメールできたメッセージはこのような内容でした。

件名:Mobile-first indexing enabled for
所有者様
モバイル ファースト インデックスが有効になっているため、スマートフォン用 Googlebot のログでサイトのトラフィックが増加している可能性があります。また、モバイル版のコンテンツから Google 検索結果のスニペットが生成されるようになることもあります。背景: モバイル ファースト インデックスは、インデックス登録とランキングの決定についてモバイル版のコンテンツを使用することで、ユーザー(主にモバイル ユーザー)が探している情報を見つけやすくするための仕様です。弊社のクロール、インデックス登録、ランキングのシステムは、これまでは PC 版のサイトのコンテンツを使用していたため、PC 版とモバイル版でコンテンツが異なる場合、モバイル検索に不都合が生じることがあります。弊社の分析によると、お客様のサイトのモバイル版と PC 版は類似しています。

 

ちょっと急に何を言っているのか戸惑う内容ですが(トラフィックが増加!?嬉 など)これを要約すると先ほどのとおりですが、

かんたんに要約すると

これまでインデックス登録と検索順位(ランキング)の評価をパソコンを主軸にしていたが、モバイルを主軸に切り替えます。なのでスマホ用のアクセスログが増加していることもあるのでお知らせします。

ということになります。

 

今後はモバイル向けに作成されたWEBサイトを主軸にコンテンツの質を評価することに変更されたわけです。

まだすべてのサイトに適用されている訳ではなく影響の少ないサイトから順次切り替わっていくという情報が入っています。

 

モバイルファーストインデックスへの変更の背景

もうサイト運営者の方ならご存知のとおりですが、現在インターネットへのアクセスは既にモバイル(スマホやタブレット)がPCを上回っています。

当然ながらアクセスが中心になっているモバイル向けのWEBサイトを評価する方が正しくなったということでGoogleは以前から評価軸の変更を準備していました。

今後もWEBサイトの閲覧はますますスマホやタブレットで行われることでしょう。

 

モバイルファーストインデックスの対策

WordPressシリウスなどでレスポンシブデザイン(自動的に画面サイズが切り替わる手法)で作成されたWEBサイトであれば特段対策をする必要がありません。ただまだモバイル向けにサイトが作られていない場合は対応することが必要になります。

 

 

モバイルファーストインデックスで順位変更はあるのか?

順位変動はあります。もし順位が大幅に低下した場合は大きく2つの理由が考えられます。

●モバイル向けのサイトが作られていない
●モバイルの表示速度が遅い

1番目は先ほど上げたメインの部分ですが2番目もチェックしてみてください。Googleは2018年7月からページ読み込み速度を検索順位の要素として使用することを公表しました。

 

モバイルサイトの表示速度をテストするには

以下がGoogleが提供しているパソコンサイトやモバイルサイトの表示速度をテストできるWEBツールです。上は特にモバイルサイトの速度を競合サイトと比較してくれたり無料レポートも取得できるようになっています。

 

モバイルファーストインデックスの最高の対策|AMP

念には念を未来を見越した対策を今からしておきたい人はAMPを導入することです。

AMPとは・・・(Accelerated Mobile Pages)の略。GoogleとTwitterで共同開発されているモバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。

こちらもGoogleが推進している技術で将来的にはこのAMPを取り入れているWEBサイトの評価が高まると予想されています。

ただしこの辺りはまだ不透明なことも多く現段階では確約できることはありません。また高速化通信技術である5Gも2020年以降に日本に普及すると言われていてそもそもAMPを対応しなくてもモバイルでの表示速度は格段に早くなる予定でもあります。

 

さいごに

モバイルの利用がどんどん加速する時代に対応するためにGoogleが対策をしたのがこのモバイルファーストインデックス。

今後どんどんモバイル化は進みパソコンやサービスを提供したりクリエイティブな仕事をしたりする人のみが使うデバイスになってくるかもしれません。また今後は新たなデバイスであるVRゴーグルなんかも普及し始めています。VRゴーグル対応のコンテンツを作ることになったら作る側はもう大変ですが楽しい未来もまっていそうです。

時代の波に乗り遅れないようにモバイル向けのコンテンツを意識して当サイトも運営していこうと思います。

ご訪問ありがとうございました。

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-0 基礎

Copyright© フィボと仙人のほわっとあふぃ , 2019 All Rights Reserved.