SEO

SEO対策とは?9割のアフィリエイト名人が必ずやっている7つのこと

アフィリエイトのSEO対策

SEO対策ってなんだろう。具体的に何をやればいいんだろう。SEO対策は地味で目立たなく小難しそうに聞こえますがどれもユーザーを思うと当たり前で簡単なことなんです。

フィボ
SEO?セオってなんだろう?
ほほほ、エスイーオーと読むんじゃな。今のSEO対策は昔と違って誰にでもできるものになっているんじゃぞ。
アフー仙人

 

今回はアフィリエイトで稼いでいる人が必ずやっているSEO対策をみていきましょう。

 

結論から言うと

  • SEOは3つ。コンテンツと内部と外部対策
  • 誰でもできる当たり前の対策がSEO対策
  • SEO対策をしないといつまでも上位表示されない

 

SEO対策とは?ユーザーへのおもてなし

SEO対策の概要

「Search Engine Optimization」の略で直訳すると検索エンジン最適化を意味します。

フィボ
??検索エンジン最適化ってなんだろう。

難しく考えることはないんです。Googleはユーザビリティ(ユーザーが使いやすく見やすいコンテンツ)が高いWEBページを高評価していて、それは既に具体的に何をすればいいのか明確なんですね。

その具体的な対策を実施していくことがSEO対策ということになります。

フィボ
SEOはユーザビリティを上げるってことなんだね。
逆に言うとSEO対策をしていないブログはいつまでたってもアクセス数が伸びないってことじゃの。
アフー仙人

 

SEO対策をすると

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)をすると
  2. GoogleにWEBページを高評価してもらえる
  3. 検索上位表示される
  4. 多くのユーザーにWEBページをみてもらえる
    (アクセス数アップ)

 

更にSEO対策を簡単に理解するためにまずは大きい枠組みをみていきましょう。

 

コンテンツと内部と外部に分かれる3つのSEO対策

SEO対策は3種類

SEO対策は大きくこの3つの枠組みに分けることができます。

フィボ
へぇ~SEO対策は3種類にわけられるんだね。
そうじゃ、3つ全ての対策ができればベストじゃな。
アフー仙人

 

この3つのSEOを細かく言うとこうなります。

 

コンテンツSEO対策

  • タイトル
  • 文字数&記事数
  • キーワード
  • メタディスクリプション

内部SEO対策

  • 2つのサイトマップの設置
  • 内部リンクの設置
  • パンくずリスト
  • URL正規化(統一化)
  • コンテンツの重複チェック
  • ページ表示速度
こうやって書くと分かりにくいが、内部SEO対策は道路づくりや案内図づくりに似ているのう。ユーザーがみやすい対策が多いのが特徴じゃな。
アフー仙人

 

外部SEO対策

  • 被リンク(バックリンク)

 

では具体的に何をすればいいのか、ひとつひとつ丁寧にみていきましょう。

 

具体的なコンテンツSEO対策

コンテンツSEO→内部SEO→外部SEOの順番でそれぞれ詳しく具体的な対策についてみていきましょう。特に重要なものは別ページに詳細をまとめていますので参考にしていってくださいね。

フィボ
まずはコンテンツSEO対策ってやつからですね!

 

記事のタイトルをSEOを意識して書く

まずはコンテンツSEO対策のはじめにくるのはこのタイトルです。これにもGoogleやユーザーにきちんと評価してもらうにはルールがあります。

ポイント

  • 文字数は30文字前後にする
  • メインキーワードをはじめに書く
  • キーワードを盛り込み過ぎない

 

まずタイトルを書く上で覚えておきたいのがこの3点です。文字数は最高でも34文字以内にとどめて3語以内のキーワードを狙ってタイトルを決めることが基本になります。

 

注意ポイント

複数のキーワードを盛り込み過ぎるとGoogleが判断に迷ったり評価が分散して上位表示されにくくなる。

タイトルのつけ方
ブログのタイトルのつけ方|1秒でクリックしたくなるコツ7選(例あり)

「ん~けっこう悩む、そしてしっくりこないタイトル。。」ここでははじめてでもできるブログの記事のタイトルの付け方と考え方について解説していきます。 アフー仙人ところでこの記事のタイトル「ブログのタイトル ...

続きを見る

フィボ
タイトルのコツは前回お師匠から奥義を伝授したね!

 

コンテンツ(記事)のクオリティー(質)と量(文字数)

そして心臓部とも言えるコンテンツの質です。ここは非常に奥が深い部分ですが基本を意識して記事作成を進めていけば大丈夫です。

Googleは「1つのキーワードに対して情報に網羅性があるか?」を判断材料にしている。例えばこの記事のようにSEOについて記事を書いていく場合は、

 

ポイント

  1. SEO対策の基本について
  2. SEO対策の種類について
  3. SEO対策のやり方について
  4. SEO対策の注意点について
  5. SEO対策の外注方法について
  6. SEO対策の事例について
  7. SEO対策の歴史について
  8. SEO対策のツールについて

このようにSEO対策についてはこの記事を読めば全てが分かるということが情報が網羅されているということですね。

フィボ
なるほど狙ったキーワードについての専門家になるイメージだね。

 

そしてもう一つはイラストや画像やグラフを記事内に挿入されているかも大切です。ユーザーは多くの文字を見るよりもイラストを一目みればその仕組みや概要が理解できる場合も大いにありますよね。

挿絵が必要な場合はユーザーに分かりやすく理解してもらえるイラストや画像を入れることでGoogleからの評価がずっと高まるはずです。

手間はかかるが今後はYoutubeなどの動画コンテンツを入れたら更によさそうじゃのう。
アフー仙人

 

ポイント

コンテンツの質
  • 1つのメインキーワードの情報が詳しく書かれているか
  • イラストや画像やグラフで分かりやすくなっているか

まずコンテンツの質でおさえておきたいこの2点を意識すればあなたのコンテンツの質は大きく進化していくでしょう。

フィボ
つまり、ユーザーが読みやすく理解しやすい。思わずシェアしちゃいたくなるようなコンテンツを目指すってことですね!

 

 

コンテンツの量

次にコンテンツの量です。これは一概に何文字!何記事!というルールもなく断定ができない部分ですが実績やデータからの目安があります。それは、

ポイント

コンテンツの量
  • 1記事2000文字以上が最低限の目安
  • 1ブログ30記事以上が最低限の目安

Googleはコンテンツの質を判断する上である程度の文字数や記事数をみていることは確実です。ただし1000文字でも上位表示されたり、1万文字でもなかなか上位表示されなかったりするのがこの量の難しさです。

ひとつ明らかになっている理由は、

注意ポイント

競合(同じキーワードを狙った他のブログ)が少ないか多いかで上位表示の難易度が決まる

ということですね。

例えばFXやクレジットカードで記事を作る場合は強い競合サイトやブログがひしめき合っています。これらの競合サイトをが1万文字であればこれから1万文字以上、記事数も競合以上に書くことが必要になるでしょう。

逆に新種の動物「フィボ」についての記事を書く場合はまだ競合も少ないのでフィボについて1000文字の記事で検索1位を取ることだってできそうです。

量について競合ブログの情報を考えていかねばならんのじゃな。
アフー仙人
フィボ
ちょっと、新種の動物って僕を下手な例に使わないでよ~w

 

注意ポイント

コンテンツの量を意識するあまり内容が薄くなってしまっては本末転倒。コンテンツの質を突き詰めることによって量はあとからついてくるはず。

 

キーワードと関連ワードを含めて記事を作成する

そしてタイトルで決めたメインキーワードをきちんと記事内で使って記事を書いていくことがGoogleにコンテンツを理解してもらうためにも必要になります。

とはいえ不自然にキーワードを盛り込みすぎなくてもよいぞ。不自然に多用すると逆効果なんじゃ。
アフー仙人

一番気を付けたいポイントは最初に決めたテーマをブラさずに書くということなんです。意外に記事を書き進めていくとテーマがずれてしまったり別の方向にいってしまうんですよね。

ポイント

1記事 = 1テーマ をブラさずに書く

このポイントをおさえて書けば自然とメインキーワードが一番多く使われている記事になってきます。さらに先ほどの網羅性も加わりGoogleにも記事内容がきちんと理解できるコンテンツになっていることでしょう。

 

メタディスクリプション

メタディスクリプション

アフー仙人
メタディスクリプションとはGoolgeで検索した時に、タイトルの下にでる記事の簡単な説明文のことじゃな。

最近ではメタディスクリプションはSEOに大きく影響がないと言われているのでそこまで意識はしなくてよくなりましたが、上記のようにユーザーがみる部分なので記事内容を分かりやすく書いておいた方がよいです。

フィボ
確かメタディスクリプションは特に意識しなくても記事の一番最初の部分が自動で抜粋されるんだよね。

そうなんですメタディスクリプションは下記事のSEOのプラグインを入れて入力する方法が一般的です。でもメタディスクリプションを意図的に設定していない場合はGoogle側が冒頭の文字を抜粋してくれます。

アフー仙人
プラグインを使って入力するか。冒頭の文章を分かりやすく書くかでよいんじゃな。
All in One SEO Packの使い方
All in One SEO Packの失敗しない設定と使い方【図解】

入れなきゃいけない!と表現してもいいくらい重要なプラグインAll in One SEO Packの設定方法と使い方をまとめていきます。このプラグインはWordPressの導入と同時に一番初めに入れてお ...

続きを見る

 

アフー仙人
ここまでがコンテンツSEOの基本じゃな。コンテンツについてはあとは書いて書いて書きまくる。そしていろんなブロガーのサイトをみるのもよいのう。

 

では次にブログの道路や案内図などの整備と等しい内部SEO対策うつりましょう。

 

 

具体的な内部SEO対策

Googleは200種類以上の軸で評価しています。その中でもユーザーの滞在時間や1人のユーザーがあなたのブログを何ページ読んだか?の指標はとっても大事な評価項目です。

アフー仙人
これらの対策をするのが内部SEO対策ということじゃな。下のようにユーザーを迷わせてしまったらアウトなんじゃ。

 

ポイント

  • 関連ページをみたいけどどこにリンクがあるか分からない
  • TOPページに行きたいけど行けない
  • 自分は今このブログのどこにいるの?何階層にいるの?
  • なんかこの記事、さっきの記事と同じこといってない?

つまりブログには道順が分かる道路標識や案内図、整備された道路(内部SEO対策)が必要になるわけです。それではこのインフラを整備していきましょう。

 

2種類のサイトマップを設置する

まずはこのサイトマップです。サイトマップには大きく3種類ありどれも重要なサイトマップになります。SEO対策で重要になるのは2つです。

アフー仙人
サイトマップはその名の通りサイトの地図。案内図のことじゃな。

 

ポイント

  • Google用・・・XMLサイトマップ
  • ユーザー用・・・HTMLサイトマップ

 

この2つはSEO対策として有効なものなので必ず設置しておきたいものです。XMLサイトマップやHTMLはWordPressでもSIRIUSでもプラグインなどを使って簡単に作成できます。

XMLサイトマップ
【WordPress】サイトマップ自動生成から送信までの超簡単な手順

WordPressやSIRIUSでブログやサイトを立ち上げたらまずはGoogleにサイトマップを送信することが必須です。これをしないとGoogleの検索に表示されない(インデックスされない)ことになっ ...

続きを見る

HTMLサイトマップの作り方
サイトマップの作り方|HTML(ユーザー向け)を自動で簡単キレイに!

SEO的にも非常に重要な訪問者(ユーザー)向けのサイトマップの簡単5分でキレイに作る方法をまとめていきます。   フィボWordPressなら簡単にできるらしい♪見本はこんな感じのです。 & ...

続きを見る

サイトマップ
サイトマップの作り方|例をもとに無料ツールで5分!簡単に作成する技

ここではサイトマップの効率的で簡単な作り方について解説していきます。(ステップ1の完全版ページです。)   フィボサイトマップとは設計図や構成図のことですよね? そうじゃ、でもここでやるのは ...

続きを見る

フィボ
3つ目の記事は自分用のサイトマップだよ。SEOには関係ないけどお師匠秘伝のワザが書いているんだよ。

 

内部リンクを設置する

内部リンクというのは1記事に他の記事をリンクさせることです。

ポイント

関連記事を内部リンクすることでユーザーは更に有益な情報を知ったり、ページを歩きやすくなりますね。

先ほどのHTMLサイトマップを見本を説明する場合はこんなふうに内部リンクを貼っておくととっても見やすいですよね。

フィボ
これが内部リンクってやつか!

 

アフー仙人
こんなふうにブログカードふうにしているのも内部リンクじゃな。
フィボ
サイトマップ

サイトマップページへようこそ! フィボと仙人のほわっとあふぃ 0 基礎 Youtubeの広告収入|現在の単価を調べてみた(2018年) アフィリエイトで高校生が月10万稼ぐ方法と注意点【保存版】 モバ ...

続きを見る

フィボ
記事の中にリンクがあるとスムーズに読むことができますよね。

 

 

パンくずリスト

パンくずリスト

アフー仙人
上の赤線の部分がパンくずリストじゃな。

ポイント

パンくずリストとは・・・現在閲覧しているWEBページがどの階層、どの位置にあるのかユーザーに分かりやすくするために設置されているリンク

パンくずリストがあれば迷うことなく上の階層に行ったり、現在位置を確認したりできるものです。上部にこっそりついていますがとっても大事で便利なリンクもGoogleから推奨されている項目で、内部SEO対策にはなくてはならないものになっています。

 

 

URLの統一化(正規化)をして記事の重複をなくす

URLの正規化はちょっと難しく聞こえますが最大4つになってしまうブログのURLを1つだけ登録してコンテンツの重複を避ける、ということです。

注意ポイント

URLの統一化をしないとコンテンツの重複ペナルティとなりアクセス数が少なくなる

フィボ
これは大変だ!

やり方はとても簡単です。Googleサーチコンソールから設定できます。ちなみにWWWやSSLを考えると以下のように4パターンのURLができてしまっているんです。

 

URLが4パターンとはどういうこと?)

http://whthat-affiliate.com/・・・WWW無し、非SSL

https://whthat-affiliate.com/・・・WWWなSSL化済み→このURLを使う

www.http://whthat-affiliate.com/・・・WWW有り、非SSL

www.https://whthat-affiliate.com/・・・WWW有り、SSL化済み

これを2番目のURLだけしか使いませんよ!とGoogleに通知しておくことが正規化ということなんです。

SSL化の手順
かんたんURLの統一化の方法|ページ一番下に書いています!

ここではブログやサイトのSSL化の全手順を分かりやすくまとめていきます。難しそうですがどれも簡単に設定できるので安心して進めましょう。 フィボブラウザーによってはSSL化していないブログは表示されなく ...

続きを見る

 

記事内容の重複(かぶり)をしない

このURL統一化にとどまらず記事を沢山書いていると重複したコンテンツができてしまう場合があります。内容を管理してなるべく重複しない記事作りを心がけましょう。

もしコンテンツが重複してしまっても記事を書き替えたり、古い記事を削除することで対策できるのであまり臆病になることもありませんね。

 

ページの表示スピード

これはそのままですがページ表示スピードもGoogleはとても大切な指標のひとつにしています。以下のように大きく3つ高速表示をする対策があります。

 

ポイント

  • レンタルサーバーを高速なものを選ぶ
  • 画像を軽くする
  • AMPを使う

 

まず表示速度に大きく影響するのがこのレンタルサーバですよね。現在はMixHostが一番はやくサービスもコストも充実しているサーバーです。人気のエックスサーバーと比較もしているのでこれから契約の人は参考にしてみてください。

ミックスホストとエックスサーバー
mixhost(ミックスホスト)とエックスサーバー|決戦!徹底比較表

結局どっちが良いの?の疑問をスッキリ解決していきましょう。これまでアフィリエイトで使われるサーバーはXserver(エックスサーバー)一択で一強という流れがありました。がしかし数年前に突如現れた新星m ...

続きを見る

 

重くなってしまった画像も後からプラグインなどで簡単に対策が可能です。おすすめプラグインについてもこちらにまとめているので参考にしてください。

おすすめプラグイン
WordPress|入れておきたいおすすめ神プラグイン【2019年】

  ここでは2019年の最新版の高速化、効率化、資産保全のおすすめ神プラグインをまとめて紹介していきます。WordPress導入後はまずこれを入れておけば間違いない!と言えるくらい厳選しまし ...

続きを見る

 

対策をする前にどれくらい表示速度が上がったか以下ツールで速度チェックをしておくといいですね。どれもGoogle公式の無料ツールです。

★AMP

 

外部SEO対策

外部SEO対策と被リンク

アフー仙人
外部SEOとはズバリ、他のブログにリンクを貼って紹介されることなんじゃ。

 

外部SEOの対策はこの1つだけなんです。それは、

ポイント

  • 被リンクを増やす

他のWEBサイトからあなたのサイトのURLを貼ってもらい紹介されることです。これをバックリンク被リンクと呼びます。

Googleは優良な論文(コンテンツ)には他の論文に多く引用される(被リンクを得る)ことが多いためこれを良質記事を判別するアルゴリズムに加えたんですね。

 

注意ポイント

自演自作で被リンクを増やすとGoogleにバレる。あくまでも自然につく被リンクを増やす必要がある。

 

被リンクを増やす方法も良質でユーザーに喜ばれるコンテンツを作るということで後からついてくるものです。ここななかなかコントロールできる部分でもありませんね。

ポイント

  • 泣ける記事
  • 笑える記事
  • 炎上する記事
  • 家族に教えたい記事
  • オリジナル記事
  • トレンド記事
  • 保存できる便利な記事

 

アフー仙人
良質な記事とは読者の感情を動かすことなんじゃな。
フィボ
お師匠、これは奥が深いです。被リンクは。

 

良質な記事はいろいろブログがあるようにいろいろな正解のかたちがあります。

まずはこの記事のSEO対策の基本をおさえていき記事を書き続けることであなただけにしか書けないブログというサービスに仕上がり気づけば多くの人に被リンクをもらい、シェアをされるものになっていく。ということなんですね。

アフー仙人
被リンクについては焦らずにまずは目の前のコンテンツ作りにいそしむことじゃ。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回紹介したのはどれも基本的なSEO対策です。そしてどれも必ず対策しておきたいものに厳選しました。トップアフィリエイターは必ずやっている対策とも言えます。

大切なのはあまり機械的や意識のし過ぎはせずにユーザー第一主義の原点に立ち返っていればおのずと対策はできていることが多い内容ですよね。そしてこれからまた新しいGoogleの評価が出てくるかもしれませんが、必ずといっていいほどその内容はユーザビリティに関する項目になっていると思います。

せっかくの良質コンテンツ。多くの人の目に触れるようにSEO対策をおさえつつ記事作成を続けていきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-SEO

Copyright© フィボと仙人のほわっとあふぃ , 2019 All Rights Reserved.