アフィやり方

サイトマップの作り方|例をもとに無料ツールで5分!簡単に作成する技

サイトマップ

ここではサイトマップ効率的で簡単な作り方について解説していきます。(ステップ1の完全版ページです。)

 

フィボ
サイトマップとは設計図や構成図のことですよね?
そうじゃ、でもここでやるのはこれをもっと進化させた戦略図にしてアフィリエイト効率化をするんじゃ。
アフー仙人

 

またサイトマップには3つの意味がありこのどれもアフィリエイトやWEBサイトを作る上で重要なものになります。

3つの意味

自分用:WEBサイトを作成する際に作る設計図、構成図。

Google用:XMLサイトマップ、SEO対策を目的にGoogleにあなたのサイトの地図を知らせ検索上位に上がるように設定します。

ユーザー用:HTMLサイトマップ、あなたのサイト上にのせることで訪問したユーザーに対して閲覧しやすくします。

Google用、ユーザー用のサイトマップの作り方はリンクをクリック。

 

フィボ
へぇ~、一口にサイトマップ作成っていっても3つの意味があるんだー!

 

サイトマップ作成すると

  • 1つのジャンルから簡単にアイディアを広げることができる。
  • タイトルと記事作成を効率よく高速に書くことができる。
  • 競合情報を具体的な数字で盛り込み、アクセス数が上がる記事を書ける。

アクセスが増えるサイトマップの作り方

これは完成イメージですが今回はこのようなサイトマップを作成していきましょう。このサイトマップには、

サイトマップの見方

スマホ・・・メインジャンルキーワード

重い、ランキング等・・・メインワードに紐づく関連ワード

スマホの動作が重い場合の裏技・・・記事タイトル

セル黄色部分・・・競合記事数の情報

緑の矢印・・・関連ページのリンク経路

このように情報をまとめていきます。まずサイトマップ作成する時に一番重要になるポイントは、自分の記憶と知識だけに頼り過ぎないということです。

フィボ
なんだか難しそうですねお師匠。。
ほほほ、安心せい。これは全て無料ツールで作ったものじゃ。関連ワードも一発検索で出したもの全てはデータと裏付けでつくっていくのがポイントじゃわい
アフー仙人

上記は仮にスマホというキーワードでアフィリエイトをしようと決めて作ったサイトマップです。

スマホに紐づく関連ワード黄色いセルで囲われた競合強弱を表す数字も全て実際に需要があるデータを調べて盛り込んだものです。

上から競合状況が弱いのでスマホ 重いから記事を書き始めるとはやくに検索上位に上がる可能性が高くなってくるという見方になります。

逆に言うときちんと検索ニーズが調べられていない場合は、せっかく良質なオリジナル記事ができたのにまったくアクセス数が上がらないという結果になってしまいます。

単純なたとえですが、暑い国ではどんなに美味しくってもおでんは売れないのと同じ、まずはユーザーの需要を確認することです。

注意ポイント

好きなジャンルを決めた後は検索されているキーワードで記事を作成していく。

フィボ
お師匠!そういうことですね、さっそく自由に記事を作ろうとしていました。
特に初心者に陥りやすい穴じゃな。一見面倒そうじゃがこれから伝える方法は誰でも簡単にできるぞい。
アフー仙人

それではアクセス数も競合情報も分かるサイトマップの書き方の流れをみていきましょう。

サイトマップ作成の流れ

1.ジャンル(テーマ)を決める
2.関連語ワードをみる
3.検索ニーズを調べる
4.サイトマップを作成する

それでは順を追って進めていきましょう。

1.ジャンル(テーマ)を決める

 アフィリエイトのジャンル

まずはブログやサイトのジャンルを決めましょう。

以下はアフィリエイターに人気のジャンルをまとめたものです。以下のカテゴリー検索一覧なども使ってまずはこれからあなたがつくるアフィリエイトのジャンルを決めていきましょう。

仙人のツール

カテゴリー検索一覧

大カテゴリ中カテゴリメモ
お金系FXまだ稼げる
 キャッシングまだ稼げる
 仮想通貨今後も需要有
美容系エステ 
 脱毛 
 育毛剤 
 白髪染めまだ稼げる
IT系光回線まだ稼げる
 WIMAXまだ稼げる
 スマホまだ稼げる
 ガジェットまだ稼げる
仕事系アルバイトまだ稼げる
 転職まだ稼げる
 看護師求人 
男女系出会いまだ稼げる
 婚活まだ稼げる
趣味系旅行まだ稼げる
 車、バイクまだ稼げる
 動画まだ稼げる
 マンガまだ稼げる
健康系ウォーターサーバ※1健康注意
 青汁※1健康注意
 サプリメント※1健康注意
 酵素ドリンク※1健康注意
 ニキビ※1健康注意
生活系保険まだ稼げる
 育児まだ稼げる
 家事まだ稼げる
 節約まだ稼げる
 引越しまだ稼げる
 債務整理 
 探偵 

ジャンル選びに迷った時に|おすすめ穴ジャンルまとめ【2018年】

フィボ
げげ、こんなにジャンルが沢山・・・どれにしようかな?
まずは自分が少しでも好き、経験したことがあるジャンルにするんじゃ。その方が自分だけの記事、深みがある記事になる可能性が高くなるからの。
アフー仙人

初心者の人は特に自分が少しでも好きもしくは少しでも経験したジャンルを選ぶのがベストです。その方がモチベーションアップにもなり、あなただけのオリジナル記事が作成できるからです。

無理して稼げるジャンル軸などで決めてしまうとリサーチなどの知識を得るための時間が多く必要になり、挫折するポイントになってしまいます。

どんなジャンルを選んでも収益化の道はあるので安心してジャンル選びを進めてみてください。

注意ポイント

※1 2018年からは特に人の健康や命に係わる情報記事にする場合は注意が必要です。医師監修等の専門家による監修がはいった記事でないとGoogleから評価されず検索上位を狙いにくい状況になっています。


健康アップデートとは何か?

そうじゃな、特に初心者は健康系は今は見送った方がよいの。
アフー仙人

好きなジャンルにすると

・あなたにしか書けないオリジナル記事に仕上がる。
・経験していると説得力が増す。
・記事のリサーチ工数が少ない。
・記事作成のモチベーションを維持しやすい。

 

2.関連語ワードをみる

ジャンルを決めた後に念のためチェックをしたいのが連想後や類語です。

今回選んだ仮のジャンルスマホはちゃんとスマホで検索されているか?を調べるのです。

今もケータイと呼んだり、スマートフォンだったり、iPhoneを使っている人はそのままiPhoneと呼んだりしますよね。

ここでは先入観や固定観念に頼らずデータで判断していきます。

では関連ワードを調べる前に実際にスマホを言い換えたらどんなワード(連想語)があるかみてみましょう。

仙人のツール

連想類語辞典

この連想類語辞典でスマホって入れて検索してみてください。すると・・・

連想類語辞典スクショ

フィボ
わお!スマホの類語が全て出てきたー!

スマホの他にも「ケータイ、携帯電話、持ち歩き電話、多機能電話、スマートフォン、iPhone」等多くのワードで言い換えることができそうです。

 

3.検索ニーズを調べる

次にそれぞれの月間検索需要(ニーズ)を調べてみましょう。

ここではGoogle広告(旧:AdWords-アドワーズ-)を使って調べていきます。

★まだ未登録の人はGoogle広告(旧:AdWords-アドワーズ-)の登録方法

アドワーズ

やはりスマホが一番検索数が多く使われているキーワードということが確認できました。

月間検索数10万~100万は非常に多い最高クラスの検索数になります。

でも見てみてください、意外にスマホと同じくらいiPhoneが検索されて、またケータイ携帯電話で検索している人も10万もいます。

フィボ
ケータイ!で検索もまだまだ多いんだなぁ!。

こんな風にしてあなたの選んだジャンルの検索ニーズが確認できました。しまも言い換えたワードと比較してもスマホ十分な検索需要があり大丈夫かも確認することができます。

ただ、このスマホのままではビックワード過ぎて、スマホでどんなことが検索されているのか、スマホのどんな記事を書けばいいのかわからないですよね。

次に関連ワード取得ツールスマホ関連ワードをみてみましょう。

これもアフィリエイター御用達「関連キーワード取得ツール」の登場です。

このツールに先ほどのスマホを入れて検索してみましょう。

関連キーワード取得ツール

フィボ
うわ!たくさんの関連ワードが出てきた!

赤で囲った部分をコピーできるので、先ほどのとおり「スマホ + X」の2語ワードの検索需要を調べてみましょう。

 

このようにGoogle広告(旧:AdWords-アドワーズ-)では、一度に複数の関連ワードをコピペして検索数を入力して調べることができます。

 

検索数調査

するとどうでしょう。スマホと関連ワードをセットにして検索需要を調べてみると、

・スマホケースを探している人
・スマホの動作が重いと悩んでいる人
・スマホでゲームを楽しみたい人
・スマホ端末のランキングを調べている人

などユーザースマホに関してどんな悩みや興味が多くあるのかを検索数と関連ワードから想像することができるのです。

 

4.サイトマップを作成する

いよいよサイトマップの作成です。

まずは、マニュアルいらずの直観で簡単に使える無料ツール「XMind-エックスマインド-」をインストールしてみてくさい。

仙人のツール

Xmind-エックスマインド-

そして、ジャンルスマホを中心に先ほどの関連ワードを入力していきます。

下の図のようにXMindなどのマインドマップソフトはサイトマップ作成にも適していて簡単に追加、入れ替え、並び替えができて非常に便利です。

サイトマップイメージ

一番初めにスマホを入力してEnterキーを押し、先ほど調べた関連ワードを入力していきます。

そしてここではその関連ワードで想像できる仮のタイトルも入れてみましょう。

どうでしょうか、だんだんサイトマップらしくなってきましたね。ここまではサイトマップ作成の基本になります。

次のステップで簡単に調べられる競合情報を盛り込んでいよいよサイトマップは完成になります。

アフィリエイト競合調査
サイトマップに競合情報を簡単に加える方法

  アクセス数やドメインパワーに大きく影響してくる重要ポイントのキーワード選定。ブログ作成やアフィリエイトでかかせない工程です。でも、   フィボお師匠~!キーワード選定 ・結局、 ...

続きを見る

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-アフィやり方

Copyright© フィボと仙人のほわっとあふぃ , 2019 All Rights Reserved.