アフィやり方

記事の書き方|誰でも短時間で効率的に高速作成する秘訣5選

更新日:

記事の書き方

イザ記事を書いてみると書けない!読みずらい!など記事作成の悩みはつきませんよね。なかなか記事が書けずにアフィリエイトを途中で挫折してしまうポイントもこの記事作成です。

フィボ
記事がなかなか書けず、増えずおっくうになりそうです。。
ほほほ、ではワシの奥義を伝授するかの。
アフー仙人

 

結論から言うと

大項目→中項目→小と大きい枠組みから書いていくと効率的にはやく書ける。また記事構成も変更や修正がスムーズに進めやすくなる。

 

そしてもう一度。記事を書くにあたって忘れてはいけないマインドセットは、

ポイント

ユーザー第一主義・・・ユーザー(訪問者)がサクサク&ワクワク読みやすく、ユーザーの悩みをはやく解決できる記事。

Google評価・・・上記を突き詰めれば、アクセス数は後からついてくる。

ユーザー第一主義。このようにユーザーのために記事を書くことができればアクセス数や収益などの結果は後からついてきます。

まだの方はステップ1とステップ2でお宝ワードをみつけてみてくださいね。

サイトマップ
サイトマップの作り方|例をもとに無料ツールで5分!簡単に作成する技

ここではサイトマップの効率的で簡単な作り方について解説していきます。(ステップ1の完全版ページです。)   フィボサイトマップとは設計図や構成図のことですよね? そうじゃ、でもここでやるのは ...

続きを見る

 

書き方コツをつかんで高速で記事を書くことができるようになりましょう。

 

音声と動画で流し読み!

 

チャンネル登録こちら知らなきゃ情報発信中

 

タイトルとサブタイトルから書き始め、最後に記事を書く

まず一番のコツは大タイトル→サブタイトル→記事と大きい枠組みから記事を書いていくことです。

例として記事代行について書く場合は以下のように大タイトルに関連したサブタイトルをまずは書いていきます。そしてここでポイント大タイトルの答えがサブタイトルになっていることです。これだけでユーザビリティは上がり、目次もとてもユーザーにとって見やすくなります。実際にやってみましょう。

 

まずは大→中タイトルを箇条書きで書いていく

大→中→小の順番で書く

大タイトル初心者が記事代行する時に気を付けるポイント3選

サブタイトル1:1文字の料金は?ライティング単価をチェックする

サブタイトル2:コピペした記事で書かれていないかチェックする

サブタイトル3:文字数を稼ぐために文章が間延び(ダラダラ書き)してないかチェックする

フィボ
なるほど、まずは大タイトルの答えを書いていけばいいのですね!
そうじゃな、サブタイトルが既に結論になっているとも言えるの。
アフー仙人

このようにサブタイトルから箇条書きしていきます。サブタイトルの数は多い方がコンテンツが充実していきますが内容の薄いものを無理して増やす必要ありませんね。

次にサブタイトルに沿って記事を書いてみます。

 

サブタイトルをもとに記事を書いていく

サブタイトルにそって記事を書く

サブタイトル2コピペした記事で書かれていないかチェックする

記事内容:ランサーズなどのクラウドソーシングを使って個人間で記事代行をはじめて外注した場合は相手のライターの人がどのような人かまだ良く分からないのが現状です。中にはネットから記事情報をそのままコピペして完成記事を納品するなどのトラブルも実際は多くあります。その場合は個人間に管理チェック機能のある外注サービスを使うと良いでしょう。例としてはアフィリエイト秘書.comやShinobiライティング、記事作成代行ドットコムなどがあり、これらを通して記事代行をすることによりコピペチェックなど無料で実施してくれ安心で安全な記事を購入することができます。

このようにサブタイトルまで落とし込んで記事を書くとテーマが絞られて文章が書きやすくなります。またネットや本などのリサーチも簡単になります。

また上記のようにこのようにサブタイトルによっては文章が長文になってしまう場合もあります。その場合は更にサブサブタイトルで文章を細分化して読みやすくしていきます。

 

長文になったらさらにサブタイトル(小見出し)で分割する

文章が長文で続いているとユーザーはそれだけで嫌気がさし離脱してしまうものです。長文になった場合は更に小見出しで文章を分けることができないかをみていきます。

実際にやっていきましょう。

更にタイトルで分割する

サブタイトル2コピペした記事で書かれていないかチェックする

 小見出し個人間でやるクラウドソーシングを使った記事代行はトラブルも!?

ランサーズなどのクラウドソーシングを使って個人間で記事代行をはじめて外注した場合は相手のライターの人がどのような人かまだ良く分からないのが現状です。中にはネットから記事情報をそのままコピペして完成記事を納品するなどのトラブルも実際は多くあります。

 小見出し管理会社を挟んだサービスなら安心、安全!

その場合は個人間に管理チェック機能のある外注サービスを使うと良いでしょう。例としてはアフィリエイト秘書.comやShinobiライティング、記事作成代行ドットコムなどがあり、これらを通して記事代行をすることによりコピペチェックなど無料で実施してくれ安心で安全な記事を購入することができます。

長文の読んでいくとこの文章では個人への外注と法人への外注の二つに文書を分けることができました。

どうでしょう。更に読みやすくなりました。もう少しユーザビリティ向上のために一工夫してみましょう。

それは縦書きや箇条書きにできるものはないか確認します。できるものは縦書きや箇条書きにすると自然と強調され見やすさ度がアップします。

 

縦書きや箇条書きにできるものは改行する

縦書き

 小見出し管理会社を挟んだサービスなら安心、安全!

その場合は個人間に管理チェック機能のある外注サービスを使うと良いでしょう。例としては

アフィリエイト秘書.com

Shinobiライティング

記事作成代行ドットコム

などがあり、これらを通して記事代行をすることによりコピペチェックなど無料で実施してくれ安心で安全な記事を購入することができます。

これが高速で記事を書くための基本になります。慣れるととても早く書くことができるプロ仕様の方法です。

 

男女の出会いのようにユーザーはページアクセス後の数秒間にブログやサイトのクオリティ、読みやすさ、第一印象チェックします。まずはここにひっかからないとすぐに他の人のサイトへ、ということになってしまいます。

次にクリックされるタイトルの書き方についてみていきましょう。

 

 

タイトルはクリック率が上がる書き方にする

ユーザーはまずはじめにGoogle検索結果に表示された記事タイトルをみます。ここが第一関門、検索順位が低くてもできるだけクリックされるタイトルにすることはとても重要です。

注意ポイント

記事内容に合っていないキーワードは含めない

ユーザーを釣り過ぎない

クリックされたい!が先行してどんどん過激で過剰な表現になってしまう傾向があるのもこのタイトル。youtubeなど動画の正解では特に多いですがこれだともちろん中長期的にユーザビリティを下げてしまいます。

塩コショウやスパイス的なイメージでタイトルの味を調えるそんな程度が望ましいですね。それではいくつかコツと方程式を列挙していきます。

狙いたいキーワードは一番最初に書く

狙いたいキーワード:安い記事代行

タイトル:記事代行の安い会社おすすめ

タイトルに数字を入れる

タイトル:記事代行で1記事2千円安く買える会社おすすめ5選

文章を整え文字数を30文字におさめる

タイトル:記事代行で良質記事を1記事2千円で安く買える会社おすすめ5選

※29文字

仙人のツール

文字数カウント

 

結論はできるだけ序盤に書く

人々がインターネットで検索することが慣れた現在ではユーザーはできる限りはやい時間で悩みや知りたいことを知り解決したいと思っています。

ユーザーが記事を読み進めて結論までが長かったり、結論が曖昧だとユーザー評価は低くなってしまいます。

まずは記事序盤に結論を簡潔に書いていく。これがWEBライティングの基本になっています。

★結論からいうと大きな枠組みから文章を書いていく事が高速ライティングのコツになります。

★なぜかというと、文章構成の全体像とゴールが把握でき、またサブタイトルを決めた後に文章を書けば誰でも文章が書きやすくなるからです。

結論から先に書き、その根拠や他社比較、データなどで結論をきちんと説明していくことができればベストですね。

 

狙っているキーワードを意識して書く

最後にアクセス数を更に上げるコツです。

それは、メインタイトルで決めた狙っているキーワードを文章中に自然な形で含めることです。これをすることによってGoogle側では記事タイトルと記事内容が合っていると判断されて検索上位表示されやすくなります。

ただしGoogleの文章判断や評価は進化しています。無理してキーワードを不自然な形で含めるなどすると逆に評価を下げることになります。あくまで自然な形で含めればOKです。

過去ブラックハット的なやり方ではキーワードを過剰に含めて検索上位を狙うやり方が通用した時代もありました。現在はGoogleのアルゴリズムによって通用しないものとなっています。

意識するキーワードを常にチェック

メインタイトル:初心者記事代行する時に気を付けるポイント3選

 

いかがでしたでしょうか。

大きな枠組みから記事を書くことによって慣れれば圧倒的なスピードで作成することができますし、常に大きな枠組みでとらえることによって後から記事の構成も修正や変更などもしやすくなります。

またWEB記事では必ずとも起承転結のように結論を一番後ろにしなくても大丈夫です。むしろ文中のように結論は冒頭に持ってきた方が読者を引き付けられる可能性が高まります。

ステップ1とステップ2、そしてこの記事作成を実施すればアクセス数を大きく上げる根拠をもった記事作成ができると思います。是非試してみてください。

記事の書き方については奥が深いので当サイトでもページを更新していきたいと思います。

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-アフィやり方

Copyright© フィボと仙人のほわっとあふぃ , 2019 All Rights Reserved.